ワックスの付け方

まずは基本となるスタイリングの流れをマスター!

まず髪の毛を濡らそう

髪全体を濡らして、寝癖、くせ毛を押さえます。
髪を濡らす際に重要なのは「根元からしっかり濡らすこと」。
髪にクセがある場合は、根元だけではなく、髪全体に濡らすようにするといいですよ。

髪のかわかし方をマスター!

1. 前髪の根元からブロー

前髪が分かれる等、生え際にクセがある場合が多いので、前髪の根元からドライしよう。

前髪を引っ張りながらクセを伸ばしていく

クセのある方は、指で挟んで引っ張りながら余計なクセを取っていきます。
顔まわりが引きしまり、奥行き感がアップします。

2. もみあげ部分はつぶしながらドライを

もみあげはつぶしながら乾かしていこう。
熱を加えて、形を作成。
その熱が冷めるまで手でおさえておくと、持ちがグッとよくなります。

3. 襟足には指を通し、生えグセを抑えていく

襟足の根元から指を通し、つぶしながらフォワード方向にドライします。

4. トップのドライは髪を持ち上げながら

トップの髪は上に持ち上げ、根元から乾かし、立ち上がりをつけます。
毛束を後ろに引っ張ると、寝癖のようになるので注意。

5. トップ同様バックにも高さを与えるよう

つぶれやすいバックにも高さを与えよう。
後頭部の中心に指を通して真上に引き上げたら、根元にしっかりと風を送ります。

ワックス付け〜仕上げをマスター

1. ワックスの量は少なめで大丈夫

小指の第一関節ぐらいのワックスを取り、根元からかき混ぜるようにつけていきます。
慎重になりすぎず勢いよくつけよう。

2. 襟足のワックス付けは手に残ったワックスを使おう。

手に残ったワックスを使って襟足が首に沿うように軽くにぎりながらおさえます。

3. もみあげ部分も手に残ったワックスで。

顔周りを抑える事で、耳上の高さが強調され奥行きがアップ

4. ドライで作った立ち上がりをキープ

立ち上がりをつぶさないように毛束をつまみ、毛流れを与えます。
高さのあるトップ〜前髪への縦ラインが強調されて、立体的になります。

5. 耳上のスタイリングは髪を引き出すように。

耳上の毛束を引き出し、動きをつけていきます。
毛先をつまんだりねじったりして、さらに遊びを取り入れるのがポイント!

6. 前髪の細かい動きはコームを使うと便利

コームの先端を使い、隙間を作るように軽く分けます。
指でつまんだりすると不自然になりがちなので、コームを使うのが◎

7. 毛流れや束管をスプレーでキープ

ワックスでフォルムが出来上がったら、毛束をつまみスーパーハードのスプレーで束管を作ります。
ここでは、ねじったりせず、動きだけをキープさせます。

8. 仕上げのスプレーでがっちりホールド

シルエットをつなぎとめるように、外枠全体にスプレーをふれば完成!
スプレーは頭皮につけないように斜め下から吹き付けるといいですよ。

出来上がり!!

ビフォーアフター
本店地図

〒577-0808
大阪府東大阪市横沼3丁目3-12
TEL:06-6728-5760(美容)
TEL:06-6723-8620(理容)

【営業時間】
平日/9:30〜19:00
日・祝/8:30〜18:00

【定休日】
毎週月曜日
第2・3火曜日

店舗詳細情報

髪のちょっといい話

ワックスの付け方をマスターしよう!